武御名方神(たけみなかたのかみ)

 主神武御名方神は、出雲の大国主神の御子で事代主神と兄弟神である。
 天孫降臨以前、永く父を助けてこの国土を経営し、のち信濃国諏訪に移って開拓の
 功労著しく、神功皇后三韓征伐以来、航海守護の神として特別の崇敬を集め、坂上
 田村麻呂公東夷征討の際、関東一の軍神として軍旅に効があり、長野県諏訪市の
 官幣大社諏訪大社は、この祭神夫婦を祀る。
 また、神名の示す通り水のそばにあって、水のこと一切を司る神として名高い。武勇、
 智略にもすぐれ、日本第一の軍神として武田信玄を始め武将の尊崇すこぶる厚かった。
 
 近時は一般庶民の信仰も厚く、世上一般には国土安泰、農工商漁業の繁栄、船舶、
 交通の安全、医薬、開運の守護神として信仰を集めている。
 世俗にいう龍神信仰とも共通のものがある。 
           
 諏訪神社は、第66代一条天皇の御代の寛弘年中(1004〜1012、平安時代中期)
 左近衛中将藤原實方朝臣の勧請により、もと造道村浪打の地に鎮座したのに始まる。
  
 寛永8年(1631、江戸時代初め)青森開港に際し、藩命をうけた開港奉行森山彌七郎
 が、開港の守護神として堤川中洲に遷座申し上げた。爾来津軽歴代藩主をはじめ民衆
 の崇敬篤く、元禄年中まで青森五社の筆頭として崇められ、藩主たびたび参拝をしたと
 いう。7月27日は御魂祭と称して神輿を市中渡御していた。
 
 明治5年3月、松森町、博労町、堤町、莨町、塩町、堤川橋から茶屋町まで及んだ大火
 により結構なる社殿を始め、風致ある境内、鏡の井、逆手の桜などと称する古井名樹
 も瞬間の火に烏有に帰した。その後現在の栄町の地に仮拝殿を建てて遷座し、明治
 40年には総欅流造の本殿を再建、大正10年には総檜入母屋造の豪壮な幣拝殿を
 再建した。
 
 明治6年村社に列せられ、明治44年には神饌幣帛料供進社に指定され、次いで昭和
 4年11月郷社に列せられている。大東亜戦争末期、昭和20年7月28日青森大空襲
 により、本殿、幣殿、拝殿、神庫、宝物、什物などことごとくが戦火に帰した。
 
 戦後の混沌とした世情の中で、昭和24年合浦公園にあった招魂堂(明治25年建立
 1892)の払下げをうけ、まず拝殿を復興した。昭和47年12月には本殿を造営、
 参集殿は昭和52年10月新築落成。平成16年には御鎮座1000年の佳節を迎え、
 記念事業として7月脇殿を造営、9月幣殿を増築し、盛大に奉祝大祭が斎行された
                   大正時代の拝殿竣工
                          


御祭神・御由緒



戻る
戻る