七五三とは、お子さんが今まで無事に過ごせてきた感謝を神様に報告し、これからの
 健やかな成長を願う年祝いです。
 ここでは、これから七五三参りをご予定の方に向けて、よくある質問と答えをまとめまし
 た。

 
 Q 七五三にあたる年は満年齢?それとも数え年ですか?

 A 本来は数え年になります。しかし満年齢で来られる方も多いです。
   7歳(女の子)は数え年で平成22年、満年齢で21年生まれ、
   5歳(男の子)は数え年で平成24年、満年齢で23年生まれ、
   3歳(男女共)は数え年で平成26年、満年齢で25年生まれ、が今年はあたります。

 Q 服装に決まりはありますか?

 A いえ、服装には特に決まりはありません。普段着でも差し支えありません。
   ただ、神様の前に立ちますのであまりラフな格好は避け、清潔で失礼にならない
   服装がふさわしいです。
   因みに毎年の様子を見ていると、晴れ着4割、スーツ4割、普段着2割ほどです。

 Q 何を準備すれば良いですか?

 A 神様への玉串料として、お子さんお一人につき3,000円を、一般的なお祝い用
   の熨斗袋(のしぶくろ)に入れてお納めいただいています。
   表書きは「玉串料」、御芳名はお祝いのお子さんの名前を書きます。
   
   兄弟のような複数のお子様を一緒にお祝いする場合は、袋1枚に2人分をまとめて
   入れ、それぞれの名前を書きます。
   七五三以外のご祈願の玉串料は5,000円になりますのでご注意ください。

   

   お酒は特に準備しなくても差し支えありません。
   2本お持ちいただいた場合は、ご祈願の後に御神酒として1本お返しをしています。

 O ご祈願の受け付け時間は?一回にどの位の時間が掛かりますか?

 A 受け付けは朝の9時から夕方の4時半まで、30分毎におこなっています。
   11月いっぱい位までが七五三の期間になりますが、準備している飴が無くなり次第
   終了となります。日時をお決めの上、あらかじめお電話にてご予約をお願いします。
   
   また、11月23日は新嘗祭という神社の大きな神事があります。朝9時からお昼くらい
   までの受け付けとなりますのでご了承ください。

 Q 混み合う時間帯は避けたいのですが…。

 A 大体ですが、午前11時前から午後1時過ぎがピークになります。混雑を避けたい
   方は、午後の遅めの時間に来られる事をおすすめします。
   
   車のお祓いや厄祓いなどの七五三以外のご祈願をご希望の方も、ピークの時間帯
   は避けていただいています。

 Q 七五三と初宮参りは一緒にできますか?

 A 七五三も初宮参りも、共にお子様の成長を祝うご祈願ですので、一緒に行うことは
   可能です。
   
   「車のお祓いと七五三のお祝いを一緒にお願いしたい」という方もいらっしゃいます。
   一緒にご祈願すること自体は可能ですが、お子様のお祝いという本来の意味から考
   えると、別々の時にご祈願を受けられることをおすすめします。