祭典式次第の解説


神社で執り行われている祭典。
普段の生活では馴染みも薄く、いざ参列をしても「一体なにをしているかわからない」という方も少なくないかと思います。
ここでは代表的な祭典として大祭式、地鎮祭の式次第と、参列者の作法を解説します。
※青森市諏訪神社の式次第です。神社により多少の違いがあります。

大祭式(例祭など、重要度の高い祭典)

  次第の意味、神職の作法 参列者の作法
修祓 
しゅばつ
神様に接する前に、人や物を祓い清めます。 祓詞(はらえことば)の間と、お祓いを受ける間は低頭します。
一拝 
いっぱい
祭典のはじめ、神様に対し一拝します。 斎主の拝にあわせて一礼します。
開扉 
かいひ
御本殿の御扉を開けます。 「お~」という警蹕(けいひつ)の間は低頭します。
献饌 
けんせん
神様へお供え物を献じます。  
奉幣 
ほうへい
神社本庁からの本庁幣を献じます。  
祝詞奏上 
のりとそうじょう
神様へ祝詞を奏上します。 祝詞の間は低頭します。
玉串奉奠 
たまぐしほうてん
斎主が玉串を奉り、神職は列拝します。 神職から玉串を受け取ったら玉串案に、玉串の根本を神様に向け奉ります。
二礼、二拍手、一礼の作法で拝みます。
神楽式 
かぐらしき
津軽の神職に伝わる津軽神楽を奉納します。  
撤饌 
てっせん
献じたお供え物を撤します。  
閉扉 
へいひ
御本殿の御扉を閉めます。 「お~」という警蹕(けいひつ)の間は低頭します。
一拝 
いっぱい
祭典の終わり、神様に対し一拝します。 斎主の拝にあわせて一礼します。

地鎮祭(建物を建てる前に行う祭典)

人が土地を手に入れる前から、その土地には神様が居ます。
地鎮祭とは先住の土地神様に、建物を建てるお許しと、工事の無事安全を願う祭典です。

  次第の意味、神職の作法 参列者の作法 備考
修祓
しゅばつ
神様に接する前に、人や物を祓い清めます。 祓詞(はらえことば)の間と、お祓いを受ける間は低頭します。  
降神
こうしん
神籬(ひもろぎ)に神様にお降りいただきます。 「おー」という警蹕の間は、低頭します。  
献饌
けんせん
神様にお供え物を献じます。    
祝詞奏上
のりとそうじょう
神様に祝詞を奏上します。 祝詞の間は低頭します。  
四方祓
しほうはらい
土地の四隅を周り、切麻(きりぬさ)で祓います。 神職の指示に従いながら、土地の北東隅から順に案内します。  
鍬入れ
くわいれ
「鎌で草を刈り、鍬で地面に埋まる石や木の根を掘り、鋤で土地を均らしますよ」と神様に今後の作業をお見せします。 施主は盛り砂に対し、「えい、えい、えい」と掛け声を掛けながら鍬を入れます。 (鎌)
設計担当者
(鍬)
施主
(鋤)
建築担当者
玉串奉奠
たまぐしほうてん
神職は玉串を奉り、拝礼します。 施主から順に玉串を受け取り、根本を神様に向け祭壇に奉った後、二礼、二拍手、一礼の作法で拝みます。  
撤饌
てっせん
献じたお供え物を撤します。    
昇神
しょうしん
神籬にお宿りいただいた神様にお帰りいただきます。 「おー」という警蹕の間は低頭します。